ボード交換・取外しは自分で

注*ここでのマザーボード交換とは自作パソコン等でユーザー自身で交換作業をすることで、メーカーPC等で保証期間中又ショップの保証延長期間中の故障については、それぞれの該当する保証に依り修理交換を依頼する。これは「保証期間中に限る・メーカー製パソコンに限る自作機は対象外」です,また保証期間後は改造自由です。

交換時の注意点:パソコンパーツの交換はパソコンを構成するパーツの規格が合わないと動作しません、一部のパーツを交換するだけでは対応出来ない場合がありますので、パーツ入手時にはご注意下さい。そして、マザーボード交換の際はCPU・メモリ等他のパーツ交換が必要な場合もありますのでご注意下さい。

第一段階 旧マザーボードとCPUクーラーの取外手順へリンクします

第一段階   @作業前のケース内部
Aボード取り外し準備
Bメモリの取り外し方
Cボード取り外し 
DCPUからヒートシンクとファンを取り外す
Eクーラーを取り外す
FCPUの古い熱伝導シートを取り除く
Gクーラーの古い熱伝導シートを取り除く


第2段階 CPUの取外と取付へリンクします

第2段階
Aカバーを開放
BCPUを新ボードに取り付け
Cソフトキャップを外す

ECPUを取り付ける 2
FCPUを取り付ける 3

 


第3段階 CPUクーラーの取付とメモリの取付へリンクします

第3段階

 

ACPUクーラーをボードに取り付ける
Bボードの裏側 1 
Cボードの裏側 2
Dボードの裏側 3
Eクーラー取り付け確認 1
Fクーラー取り付け確認 2
Gメモリの取り付け
Hソケットとメモリ上の切り欠きの位置   
I両手で確実に  
J2枚取り付けて完了


第4段階 リアパネルの取外と取付・マザーボードの取付へリンクします

第4段階
@旧リアパネルの取り外し 1 
A旧リアパネルの取り外し 2 
B新リアパネル取り付け  
Cマザーボードの取り付け  
Dリアパネルの位置確認
Eボードを固定 1      
Fボードを固定 2


第5段階 内部コネクタのケーブル類の接続へリンクします


第5段階
@電源スイッチ、HDDLED、
リセットボタンケーブルの接続
Aフロッピーディスクデータケーブルの接続
Bフロッピーディスク電源ケーブルの接続
C警告スピーカーの接続
Dケースファンケーブルを接続
Eマイク、ラインアウトケーブルの接続
F 24ピンEATXPWR ATX電源ケーブルの接続
G 4ピンATX12V ATX電源ケーブル
の接続
HSATAハードディスクとDVDドライブ用
データケーブルの接続
ISATAハードディスクデータケーブル
と電源ケーブルの接続

交換に最適なマザーボード *価格等は改変されます、最新情報はショップのサイトでご確認をして下さい
マザーボード交換費用は 4000円台〜 【ドスパラ】パーツ・周辺機器は5,000円(税込)以上で送料無料!






パーツ交換費用と作業時間目安




 CPU交換費用は4000円台〜    作業時間は2時間ぐらい〜


                                   















交換に最適なおすすめの各パーツ類はこちらからのリンクページをご参照下さい


【ドスパラ】パーツ・周辺機器は5,000円(税込)以上で送料無料!

【ドスパラ】パーツ・周辺機器は5,000円(税込)以上で送料無料!

マザーボードとCPUを交換するにはこちらへ
CPUにCore i73770S・OSは【64bit】Windows8を導入した最新パソコンを組立てよう!
マザーボード交換の詳細解説サイトはこちらをご参照