CPUクーラーの取り付けとメモリの取り付け

メモリー増設交換費用は  2000円台〜 作業時間は30分ぐらい〜
CPU交換費用は 4000円台〜     作業時間は2時間ぐらい〜
 Intel CPU規格・種類  AMD CPU規格・種類


@ CPUクーラーに新しい熱伝導シートを貼り
付ける
@ CPUクーラーに新しい熱伝導シートを

クーラーの古い熱伝導シートをきれいに取り除いたら、新
しい熱伝導シートを貼り付けるシートとクーラーの間に空
気が入らないよう、慎重に貼り付ける。

ACPUクーラーをボードに取り付ける
ACPUクーラーをボードに取り付ける 
各ファスナー(4つある固定レバー)をボードの穴
に差し込む。

このクーラーは使用していたパーツなので割ピン
の先端(赤円内の白いプラスチック部分)が外側
へ開いているので先端を内側に絞るなどして修
正しながら差し込む。

Bボードの裏側 1
Bボードの裏側 1 
この状態はまだ割ピンの黒い芯の部分の出方が不十
分。

Cボードの裏側 2
Cボードの裏側 2 
割ピンの黒い芯の部分がこの位でれば
OK。チェックポイント:固定レバーをあ
まり強く押し込むと破損するおそれがある
ので、加減しながら押しこんで下さい。確
実に入ると「カチッ」と音がします。

Dボードの裏側 3
Dボードの裏側 3 
各ファスナー(4つある固定レバー)全部を確認してクー
ラーの取り付け完了。

Eクーラー取り付け確認
Eクーラー取り付け確認 
各ファスナー(4つある固定レバー)全部が頭部
にある溝の細い方が外側に向いていることを確
認する。

Fクーラー取り付け確認2
Fクーラー取りけ確認2
クーラーを手で少しゆすってみてガタついたり固
定レバーが抜けたりしないか確認する。
熱伝導シートとシリコングリスについてCPUに同
梱されている純正CPUクーラーなどのヒートシン
クには通常、熱伝導シート(黒/グレー/白な
ど)が貼り付けてあります。ビニールの保護カバ
ーが貼り付けてありますので、これを剥がします
(剥がさないで装着すると排熱ができずCPUが破
損する場合があります)。一方で、市販のCPUク
ーラーなど、ヒートシンクに熱伝導シートが張ら
れていないものもあります。
右隣の欄へ続く→

左隣からの続き
このときはCPUとCPUクーラーのヒートシ
ンクの「隙間」をなくすためにシリコング
リスというクリームのようなものを塗りま
す。「CPUとヒートシンクの隙間をなく密
着させること」が目的ですで、適量を満遍
なく薄く塗ります。塗る量は「多すぎず少
なすぎず」が肝心です。

※熱伝導シートが貼られている場合は絶対
にシリコングリスを塗らないでください。
また、シートが剥離するおそれがあります
ので、シートを下側にして置いたり、触っ
たりしないようにしてください。また、
CPUクーラーを再利用する場合、熱伝導シ
ートが貼られていてもはがれている部分が
あることがあります。こうなりますと「密
着」できなくなりますので、熱伝導シート
をきれいに剥がし、シリコングリスを塗っ
てください。
私の場合グリスではなくシー
トを使用しています。

Gメモリの取り付け
メモリスロットの両端にある白いレバーを外側に倒してロックを解除します 
メモリスロットの両端にある白いレバーを外側に倒してロ
ックを解除します。

メモリを差し込むと自動で起き上がってくるので取り付け
の目安になります。


Hソケットとメモリ上の切り欠きの位置
ソケットとメモリ上の切り欠きの位置を良く確かめてからスロットに垂直に差し込みます 
ソケットとメモリ上の切り欠きの位置を良
く確かめてからスロットに垂直に差し込み
ます

I両手で確実に
I両手で確実に

メモリソケットはかなり硬い場合があるので両手
で確実に作業しましょう。
但し過度に荷重をかけて破損しないように慎重に
作業しましょう。「カチッ」とレバーがメモリを
固定する音がすれば完了です。

J2枚取り付けて完了
白いレバー

メモリスロットの両端にある白いレバー完全に起
き上がっているかを確認する。

次ページ「リアパネル取外と取付・マザーボード取付」へ
CPUクーラー取り付け時の重要確認事項 
CPUに同梱されている純正CPUクーラーなどのヒートシンクには通常、熱伝導シート(黒/グレー/白など)が貼り付けてあります。ビニールの保護カバーが貼り付けてありますので、これを剥がします(剥がさないで装着すると排熱ができずCPUが破損する場合があります)。一方で、市販のCPUクーラーなど、ヒートシンクに熱伝導シートが張られていないものもあります。このときはCPUとCPUクーラーのヒートシンクの「隙間」をなくすためにシリコングリスというクリームのようなものを塗ります。「CPUとヒートシンクの隙間をなく密着させること」が目的ですので、適量を満遍なく薄く塗ります。塗る量は「多すぎず少なすぎず」が肝心です。
※熱伝導シートが貼られている場合は絶対にシリコングリスを塗らないでください。また、シートが剥離するおそれがありますので、シートを下側にして置いたり、触ったりしないようにしてください。

CPU冷却のため、必ずクーラを取り付けましょう。取り付けが不十分だと、冷却が充分に行われずパソコンが停止したり、マザーボードから外れてしまうなどトラブルの原因となってしま いますので、確実に作業しましょう。
CPUファンの取り付け


CPUファンの取り付け

CPUファンの取り付け

1. マザーボード上の取り付け位置を確認  取り付ける前に、ケーブルがコネクタまで届くか確認する。

2. CPUソケット周辺にある、CPUファン取り付け用の穴に固定レバーの位置を合わせます。
3. CPUファンの4隅にある固定レバーを押し込んで固定します。
固定する順番は対角線で行う と取り付け時の偏りが少なくなります。

固定用の白い割ピンがマザーの裏まで突き抜けていることを確認して、取り付け完了です!

重要確認事項
マザーボードの裏側
固定用の白い割ピンがマザーの裏まで突き抜けていることを確認


固定用の白い割ピンがマザーの裏まで突き抜けていることを確認

*注 CPUクーラーは機種により固定方法が変わりますので、取扱説明書をよくお読みください。

失敗しないためのポイント:CPUファンケーブルがファンに触れないように配線の取り回しに注意する。


CPUの交換(換装)条件
必須確認事項:マザーボードが対応しているCPUを選ぶこと
マザーボードのメーカーHPでCPU対応を確認してください。(確認してから購入)
CPU交換はマザーボードの「ソケット」「チップセット」「BIOS」
3つがすべて完全対応していなければ、正常に動作しません。
購入しても使用できません、無駄になります。
マザーボードの「ソケット」「チップセット」「BIOS」が不明な場合はCPU・マザーボードなどとセットで交換されたほうが、安全・安心です。また、メーカー製PCのCPU交換は、保証・修理の対象外になる場合が多々あるので、実行しないのが懸命です。どうしても交換が必要な場合は保証は諦めてCPU・マザーボードなどとセットで交換する方法しかないようです。
そしてもうひとつ確実な方法「商品相性保証」という有償のサポートシステムを利用し、CPU購入時に相性保証も同時申込をする。この場合万が一相性不一致の時は対応してもらえます。
パーツ交換費用と作業時間目安




 CPU交換費用は4000円台〜    作業時間は2時間ぐらい〜


                                   




作業時間は取付30分ぐらい〜 OSの移行設定に1時間ぐらい〜 










【ドスパラ】パーツ・周辺機器は5,000円(税込)以上で送料無料!


関連サイトへのご案内

パソコン修理関連

簡単に出来るパソコンの分解・組立と誰でもわかる故障の症状と原因それを自己修理する 

マザーボード交換手順を写真入りで説明。作業は初心者でもOK  

マザーボードが故障した時の症状  

パソコンが壊れた時に困らないようにするにはどうすればいいのか  

ハードディスクが壊れる前兆はこれだ  

少ない費用で最新パソコンに改装しよう!自分でパソコンパーツ交換やってみよう  

パソコン改良は業者に任すな、パソコンを出来るだけ費用をかけずにパワーアップ  

マザーボードがこわれたらどうなるか・マザーボードが故障した時の主な症状・故障の原因と格安に対処できる修理法  

パソコントラブル対処法 基本自分で修理は手順も簡単そして超格安  

パソコン自分で修理は2000円〜パソコンが壊れた時・パソコンが不調になった時は費用を掛けずに自分で修理やってみよう  

自作パソコン組立関連

少し古くなったパソコンで簡単にできるパソコンの自作・パソコンの改良・パソコンのグレードアップそしてメモリ増設・cpu交換をやってみよう  

格安で簡単に自作パソコンを作製するには・初心者に最適 誰にでも出来る自作パソコン組み立て方  

パソコンを分解・掃除・修理・点検・整備・組立・パーツ増設・交換を自分でやれば超安い  


低価格パソコン関連

安心保証付き1万円台〜の激安中古パソコンの御案内  

低価格のパソコンは使い物になるか不安な方、低価格でも高品質なパソコンをお探しの方必見、きっとお気に入りが見つかります  

最新の新品パソコンを2万円台で入手する方法はこちらへ 


パソコンの購入時に用途に合った性能を選択しないと費用だけでなく、消費される電力も無駄になる「パソコン購入は用途別が得」